トップに
戻る
  • 歯みがきのお話
  • だ液のお話
  • 酸素のお話
  • 歯みがき粉
  • お口の健康
  • コラムメインサイト

       院長:高橋伸六

父が御影の地に高橋歯科医院を開業したのが昭和26年。当時は父の兄の内科と併設し、いとこ達と遊びながらも、よく妹たちと診療している父と母の姿を隠れて見ていました。当時は年中無休で夜中まで患者さんを診ていたのでとても寂しかった記憶が残っています。


私も歯科医になり昭和58年に古い診療所を改築し父と一緒に診療をすることになりました。父の代から受診され、その子供さん、お孫さんの3代にわたって受診して下さる方もたくさんおられます。今も父(大正14年生)は元気で診療し、大好きなゴルフやカラオケで活躍中です。母も庭の管理と手入れで協力してもらっています。患者さんから 「綺麗な庭で心が癒されます。」とよく言っていただけますし、私たちも癒しの空間の中で仕事ができるのも母のお陰です。これからも感謝と思いやりを第一に触れあいある診療を続けていきたいと思います。。

診察時間

診察時間
9:00〜12:00 -- --
15:00〜18:40 -- -- --

△・・・木曜日の午後診は不定休のため、事前にお問い合せください。

大好評!診療室にお子様のプレイルームがございます!

小児歯科の待ち時間又はお子様連れの親御さまが落ち着いて診療が受けられるよう、診療室内にはプレイスペースを設けております。 親御さまの診療中は子育て経験のあるスタッフがお子様についておりますので、安心して治療に集中していただくことができます。 おもちゃ遊びはもちろん、壁におもいっきり落書きもできますよ!

無痛治療を心がけています

全ての治療に無痛を心がけています。とくに一番の痛みは注射時だと思いますが、まず無痛ができます。

  1. 麻酔する部位に表面麻酔を塗布する。
  2. 麻酔液を霧状にする針のない麻酔噴霧器を使用します。これにより無痛で麻酔液が浸透します。
  3. コンピューター管理の電動麻酔器にて注入速度をコントロールしながら通常の麻酔を使用しますが全く無痛です。
  4. 精神的不安が強い場合には鎮静療法として笑気ガスを使用します。

笑気ガス鎮静法

注射、点滴ではありません。鼻マスクをつけるだけです。 産婦人科での無痛分娩にも使用されていますし、子供から高齢者、全身疾患のある方でも大丈夫です。嘔吐反射の強い方におすすめです。 鎮痛効果はありませんが、意識はそのままで、刺激に対してあまり感じなくなり時間の経過も気にならなくなります。治療による不安や恐怖から解放されます。

  1. 鼻マスクをつけ、まず酸素100パーセントで約5分間
  2. 笑気ガスを約30パーセントにしますとほのかな甘い香りがしてきてすぐに鎮静状態になります。
  3. 少し眠くなるような感じお酒のほろ酔い気分のような感じです。気分がリラックスし感穏やかな多幸感で治療を受けれます。
  4. 治療終了後酸素100パーセントにるすれば血中からの排泄が早いのですぐに元にもどります。

いくら痛くないと説明されても不安は残りますし、どうしても怖いし、緊張がとれない場合笑気ガス鎮静をおすすめします。また虫歯の治療や歯のクリーニングでは少しの痛みなら麻酔はしませんので、そういう少しの痛みや違和感もいやな患者様にもおすすめします。